保土ヶ谷駅 マッサージ お客様からの質問

お客様からの質問

整体とマッサージの違い

整体とマッサージの違いは何ですか?

整体は、「体の骨格・筋肉のバランスを整え、免疫力や自然治癒力を
高めてあげる施術のことをいいます。
そのことによって、その人本来のエネルギーを引き出し、病気や
痛みを改善することを目的としています」
痛みやコリ、筋肉の症状を緩和してあげるものを目的と
言い換えることができます。
 
マミーさぽーとの整体は、経絡を整える「経絡整体」を行っています。
 
東洋医学において、人に14本の経絡が通っており、経絡上に
あるものがツボとされます。
経絡はツボとツボつなぐ「道」と言い換えることができます。
経絡は「血」と「気」の通り道とされています。
 
生活習慣により、背中が丸くなったり(猫背)、足を組んで骨盤が
ゆがんでしまうと、経絡もゆがんでしまいます。

 
経絡の流れが滞ると、むくんだり、コリが生じたり、また
疲れやすくなったり、免疫力が低下すると考えられています。
 
これに対してマッサージは、痛みをとるのではなく、治療ではなく
「リフレッシュ」「癒し」が目的とされます。
施術を受けた時の気持ち良さを求めるならマッサージの方が、
目的にかなっているかもしれません。
 
ちなみに整体師は民間資格ですが、マッサージ師は、正確には
あん摩マッサージ指圧師という国家資格です。
マッサージの名称を謳っていても、国家資格である
あんまマッサージ指圧師であるとは限りません。
資格を持っていると、専門的、介護的な知識を持っているかの
目安となるでしょう。

産後の骨盤矯正はいつからできるか

産後の骨盤矯正はいつからできますか?

妊娠すると、リラキシンという女性ホルモンが分泌され、
出産をよりスムースにするため骨盤を緩ませる働きをします。
したがって帝王切開の方でも骨盤は緩みます。
 
ちなみに、この女性ホルモンは骨盤だけでなく、体中の関節を
緩める働きがあり、結果として関節を支えている筋肉への
ストレスが大きくなります。
 
「リラキシンの分泌で関節が緩くなる」⇒「筋肉に普段以上の
負担がかかる」という事実から、リラキシンは妊娠中の腰痛にも
大きく影響していると考えられます。
 
出産後1ヶ月経過すると、骨盤が妊娠前の状態に近づくと
いわれています。
 
産後の骨盤矯正は、抜糸後、傷口の具合も考慮しながら、

1か月検診が終わってから、出産後半年までの期間に始めると
良いでしょう。
(骨盤矯正を行う時期については、検診でお医者様にも
ご相談して下さい)
 
また出産後1か月〜は、まだ子どもが小さく、施術中大人しく
寝てくれますし、ご実家や旦那さん等周囲の方に協力して
子どもを見てもらいやすい時期でもあります。
 

 

整骨院と整体院の違い

整骨院と整体院の違いは何ですか?

整骨院と整体院の違い
 
一番大きな違いは保険を使うことができるかできないかです。
整骨院は、国家資格である柔道整復師がおり保険を
使うことができます。
整体院は、民間療法で保険を使うことができません。
 
健康保険が使える整骨院のメリットとして、治療費が
安いことがあげられます。
しかし保険適用のために条件があり、施術時間や
触れる場所など施術方法に制限があることは
デメリットと考えられます。
 
整体院のデメリットとして、保険が使えないため、
実費払いとなり、そのため整骨院に比べると割高に
なることがあげられます。

しかし施術方法や施術時間に制限がなく、お客様の症状に
合わせて施術できることは大きなメリットといえる。
例えば時間肩こりや腰痛などに対し、限られた場所を
短時間だけ施術するのでは根本的な解決にならないことが
多いです。
お客様に合わせて体全体を時間をかけて矯正・整える施術が
できるのは整体の特長といえます。